MENU

妊活中のお酒ってどれくらいまでOK?男性女性の適量はどこまで?

妊娠中、女性の飲酒はNGというのは常識ですが、妊活中の飲酒のNGなのでしょうか?また、妊活中の男性の飲酒はどうでしょうか。

 

アルコールで流産の確率が上がる

アルコールは流産の確率を上げてしまう

 

過度なアルコール摂取は避けたほうがいいけれど、ストレスを溜めないように適度に飲酒する程度ならOKと思っている方が多いのではないでしょうか。「百害あって一利なし」のタバコと違い、昔から「酒は百薬の長」と言われています。

 

しかしお酒が身体に与える影響として、女性の場合は生理不順や排卵障害、受胎能力の低下などがあります。
一方、男性は精子の奇形率の増加、勃起能力や精子の生殖能力の低下などが挙げられます。

 

毎日飲酒する習慣がある場合、受精しても受精卵の成長を妨害する原因になり、せっかく妊娠できたとしても流産の確率が約2倍高くなります

 

女性のほうがアルコールに弱い?

女性は男性に比べて体重が軽く、水分量も少ないため、アルコールを処理する能力が下がります。そのため、血液中のアルコール濃度が上がりやすく、あらゆるトラブルをからだに引き起こしてしまうのです。

 

その結果肝硬変になりやすく、乳がんも飲酒が原因になっている可能性があるという説もあります。

 

また、妊娠中に飲酒を続けてしまうと、お腹の赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」という、先天性疾患になる可能性が高まります。妊娠中に一切お酒を飲まなければ、これを予防することができるのです。

 

妊活中の女性の飲酒はどれくらいまでOK?

厚生労働省の基準では、日本で適量とされているお酒の量は、1日にビール中瓶で1〜2本程度です。

 

では、妊活中はこれくらいまで飲んでも良いかというとそれは違います。あくまで目安ですが、週にビールを中瓶4本程度飲むと、受胎能力に影響が出ると言われています。

 

アメリカで不妊と飲酒に関するある研究結果が発表されました。
体外受精を受けたカップルを対象に調査したところ、週にビールの中瓶4本程度のアルコールを摂取している女性は、少量しかアルコールを摂取しない女性に比べて、15%以上も出産に至る確率が低かったのです。

 

妊活中の男性の飲酒はどれくらいまでOK?

妊活中は男性も禁酒するべき?

 

先述の研究で、男性にも同様のアンケートを取ってみたところ、男女ともに、週にビールの中瓶4本程度よりも多くアルコールを摂取するカップルの場合は、何と20%以上も出産に至る確率が低下してしまうのだそうです。

 

 

妊娠中だけでなく、妊活中もアルコール摂取は控えましょう

アルコールは受胎能力にも悪影響を及ぼすので、妊娠を望んで妊活をしているカップルは、男女ともに飲酒の量は減らしたほうが良いでしょう。

 

特に女性は妊娠したら、胎児性アルコール症候群を予防するために禁酒しなくてはなりませんし、妊娠している可能性のある妊活中から禁酒したほうが良いでしょう。

このページの先頭へ