MENU

妊活におすすめのお茶って?

妊活中におすすめのお茶

 

これから妊活しようと思っている方、とりあえずはじめてみたけれどどんなことに気を付けたらいいかわからないという方に、妊活中におすすめのお茶をご紹介します。

 

妊活中にカフェインはNGって知ってた?

妊娠中や授乳中はカフェインが良くないと言われており、カフェインの入っていない飲み物などがたくさん販売されています。もちろん、妊娠中や授乳中でなくてもおいしく飲めるものが多いです。

 

カフェインはなぜ妊活・妊娠中に良くないと言われているのでしょうか?

 

実はカフェインの覚醒作用が赤ちゃんの中枢神経を興奮させてしまったり、発育するスピードを弱めてしまったりしてしまうそうです。また、アドレナリンが抽出されることによって毛細血管が収縮して血流が滞りやすくなるため、避けたほうが良いと言われています。

 

ノンカフェイン、カフェインレス、デカフェの違いは?

コーヒーや紅茶が飲みたいけど、カフェインが気になるという方にカフェインの入っていないものが販売されています。

 

ティーバッグや茶葉でももちろんのこと、カフェなどでもカフェイン入りのものと並んでカフェイン無しのものがメニューに記載されているところも多く見られます。

 

ノンカフェインカフェインレスデカフェなど耳にする機会も多いと思いますが、どのように違うかご存知でしょうか。

 

ノンカフェインはカフェインが全く含まれていない、カフェインゼロのものを指し、カフェインレスはカフェインが少し含まれているものを指します。

 

デカフェは元々カフェインが含まれているものからカフェインを抜いたもののことを指します。デカフェはカフェインが残っている可能性もあるため、カフェインゼロでは無いと思っていたほうが良いでしょう。

 

妊活に効果的なお茶とは

妊活にお茶を飲むとなぜ良いのでしょうか。炭酸飲料やジュースなどのように冷たい飲み物は身体を冷やしてしまいます。冷えは妊娠の大敵ですから、妊活中や妊娠中は夏でも冷たい飲み物は避け、あたたかいお茶を飲んだほうが良いでしょう。

 

特に妊活の助けになるお茶として有名なのがルイボスティーです。ルイボスティーは、南アフリカに昔から伝わる健康茶で、ルイボス(学名:アスパラサスリネアリス)というマメ科の針葉樹から作られています。

 

鉄分やカルシウム、マグネシウム、亜鉛など、妊娠前に欠かせないミネラル成分が豊富に含まれています。ノンカフェインでオーガニックのものなど妊活をしている方向けの商品が多数販売されているので、妊活をはじめたばかりの方もチャレンジしやすいお茶です。

 

またたんぽぽ茶はその名の通り、たんぽぽの茎や根から作られたお茶です。たんぽぽは昔から漢方薬や薬草として親しまれてきました。

 

子宮の血液循環を改善する効果や、卵胞の発育を助けてくれる効果などがありと言われています。また、たんぽぽの根を焙煎して作られるたんぽぽコーヒーもあり、コーヒー派の方におすすめです。

 

緑茶はコーヒーよりもカフェインが多く含まれている

妊活中に緑茶は避けて

 

日本人が日常的に親しんでいる緑茶は、実はコーヒーよりも含まれているカフェインが多いことをご存じでしょうか。特に茶葉をたくさん使っていれる玉露にはカフェインが多く含まれており、妊活・妊娠中は注意が必要です。

 

カフェインを気にしすぎてストレスを溜めないように

普段紅茶やコーヒーが大好きで一日何杯も飲んでいるという方が、まったく飲まないようにするというのはストレスがたまりやすく、逆に妊娠を遠ざけてしまいます。

 

量を減らしたり、カフェインレスのものに切り替えるなどストレスをためないように工夫しながら、カフェインの摂取量を減らしていくと良いでしょう。

このページの先頭へ