MENU

妊活中食事で摂りたい栄養素は?

妊活中食事で摂りたい栄養素は?

 

いざ子供が欲しいと思ってもなかなか子宝に恵まれない、病院に行ってもこれといった原因が見つからないという人は実は多いのです。そういう場合、生活習慣や体質を改善することが大切です。

 

妊活のために生活習慣を改めることは簡単なことではありません。そんな方はまず食生活の改善をしてみてはいかがでしょうか。食事に気を付けることで妊娠しやすい身体づくりをすることは妊活をする上で非常に重要です。

 

妊活と食事

妊活中食事で摂りたい栄養素一覧

 

まずは、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。妊娠するためには、生理不順や冷えの改善はもちろん必要ですが、一見妊娠と関係なさそうな便秘や肌荒れ、貧血、疲れなども妊娠の妨げになっている可能性があります。これらの症状は食事で改善することができるでしょう。

 

妊活中に大切な栄養素

妊娠するためにバランスの良い食事をすることは大切です。では具体的にどのような栄養素が妊娠しやすい身体にしてくれるのでしょうか。特に大切な栄養素として下記のものが挙げられます。

 

  • 葉酸
  • 妊活には最も欠かせない栄養素です。葉酸は厚生労働省からも摂取が推奨されている栄養素で、赤ちゃんが神経管閉鎖障害という先天異常が起こるリスクを減らすことができます。

     

  • 亜鉛
  • 亜鉛には抗酸化作用があるため、卵子の老化を防いでくれます。さらに女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用もあります。男性にとっても、精子の質を良くする働きがあります。

     

  • コエンザイムQ10
  • コエンザイムQ10は、抗酸化作用が高いので卵子の老化を防いでくれるだけでなく、卵子の成熟も促進してくれる働きがあります。

     

  • ビタミンC
  • ビタミンCは、亜鉛と一緒に摂取することで亜鉛の吸収を助けてくれます。また、抗酸化作用があるので、卵子の老化防止にも繋がります。

食事とストレスの関係

妊娠するためには食生活を改善したほうが良いと言いましたが、ストレスを感じるような無理な食事制限は逆に妊娠を遠ざけてしまいます。

 

ストレスを感じると脳では「コルチゾル」というホルモンが分泌されます。コルチゾルはすべてのホルモンの分泌を抑えてしまう働きがあるため、妊娠に必要な女性ホルモンさえも抑えてしまうのです。

 

妊活中の人にとって頑張りすぎない、一所懸命になりすぎないというのは簡単なようでとても難しいことですが、ストレスを溜めない程度に適度に気を付けましょう。

このページの先頭へ