MENU

妊活で男性におすすめのサプリ

妊活で男性におすすめのサプリ

 

そろそろ赤ちゃんが欲しいと思っている既婚男性の皆さん、自分は病気もしたことない健康体でそれなりに性欲もあるからすぐに赤ちゃんができると思っていませんか?

 

現代の日本では、6組に1組が不妊治療を受けていると言われています。その中で男性が不妊の原因である、いわゆる男性不妊は、全体の約半数ほどを占めています。

 

男性にも不妊の原因があると言っても、自分はきっと大丈夫と心のどこかで思っていませんか?

 

不妊治療の専門クリニックに通いはじめると、まず男性女性ともにさまざまな検査を受けることになります。妊娠までのプロセスをすべて自らの体内で行う女性のほうが、当然男性よりも検査項目が圧倒的に多いです。

 

男性の検査項目もさまざまありますが、一番重要な検査は精液検査です。精子がなければ受精できず、妊娠は成立しません。加齢やストレス、生活習慣の乱れなどか精子の質や運動率が低下し、奇形率も増加すると言われています。よりよい精子をつくるために、生活や食事に気を配ることはもちろん、サプリメントなどで食事では摂りにくい栄養素を補うのもひとつの方法でしょう。

 

精子の質を上げるために摂取したい成分4つ

  • マカ
  • マカはホルモンの働きを助け、血流をよくしてくれいます。勃起障害(ED)は血流障害が原因で起こるため、血流を良くするマカはED予防にもなります。

     

    また、アミノ酸が豊富なので、筋肉を作り、運動することによって男性ホルモンの生成に一役買っています。年齢によって男性ホルモンが減少しているという方はマカのサプリを摂取してみてはいかがでしょうか。

     

  • 亜鉛
  • 亜鉛は別名「セックスミネラル」と呼ばれるほど、生殖能力に深く関係している栄養素です。亜鉛は精子の材料となり、精子を作る働きも良くしてくれます。

     

    亜鉛は体内で不足しやすく、たんぱく質を作る一部として重要な役割を果たしているミネラルですが、体内での吸収率が低いため、食事から摂取しすぎることはあまりないようです。

     

  • 葉酸
  • 精子の染色体異常の予防については、葉酸を摂ると良いでしょう。男性は加齢に伴い、精子の染色体異常が増える傾向にあります。長い間ストレスにさらされていると活性酸素によって精子の染色体異常が増えるリスクが高まります。

     

    葉酸は妊活中、妊娠中の女性は必ずと言っていいほど意識してサプリなどで摂取するものですから、夫婦二人で飲むと良いでしょう。

     

  • ビタミンC・ビタミンE
  • ビタミンCとビタミンEには強い抗酸化作用があります。この二つを摂取することによって体内の活性酸素を除去し身体の酸化を防いでくれます。また、活性酸素が多いと血管の壁が傷つけられてしまい、血液がドロドロになったり血流が悪くなったりします。ビタミンCやビタミンEの抗酸化作用により、そのような症状を防いでくれます。

 

男性も妊活中としての意識を持って取り組みましょう

男性も妊活中の意識を持って

 

女性が取り組むものという認識の強い妊活ですが、男性が妊活中という意識を持って協力するというのは妊娠成立のためには必要不可欠ことです。是非夫婦で相談して、食事で足りない栄養素はサプリメントでも摂取しましょう。

このページの先頭へ