MENU

妊活の強い味方マカ!飲むタイミングと葉酸との使い分け

妊活をはじめようという人がまず注目するのは「葉酸」ですが、「マカ」が妊活に効果的だとご存じでしょうか?

 

マカは葉酸と同じく、サプリメントで手軽に摂取することが可能です。

 

マカってなに?

妊活にはマカが効果的と妊活雑誌などたびたび取り上げられていますが、マカ=精力剤というイメージを強く持たれている方もいるかもしれません。

 

が、実はマカは性欲を増加させたり、精力を増強させるものではありません。

 

そもそもマカって何かご存知でしょうか?

 

マカは、ペルー原産のアブラナ科の多年生植物で、根の部分は古来より薬用ハーブとして使われている野菜です。
マカは過酷な高地で土中の栄養分をかき集めて育つため、アミノ酸、ミネラル、ビラミンが豊富に含まれており、「完全食」とも呼ばれています。

 

マカの産地ペルー

 

特にアミノ酸が豊富なので、血行を良くし、ホルモンバランスを整える効果があると言われています。

 

そのため、女性は妊娠の大敵である冷え性の改善や、生理不順の改善などが期待できます。男性は、血行がよくなることで疲労の回復や、精子の運動率の向上などの効果があると言われています。

 

血行が良くなり、疲労回復効果があることから勃起不全の改善の期待できます。男女双方に効果があるため、妊活中は夫婦で飲むとよいでしょう。

 

マカはいつ飲めばいいの?

マカは薬ではなく野菜が原料のサプリメントなので、胃が荒れる心配がありません。つまり飲むタイミングについてあまり気にする必要はなく、食事と一緒に摂っても構いませんし、食後でも構いません

 

葉酸とマカどちらを飲めばいいの?

妊活中に摂ると良いとされている葉酸とマカですが、どのように飲み分ければ良いのでしょうか。マカは、女性の月経周期を整えたり、男性の精子の運動率を向上させることで、妊娠しやすい状況に近づけてくれます。

 

一方葉酸は、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンで、ほうれん草など葉物野菜をはじめとする緑黄色野菜やレバー、豆類に多く含まれています。

 

葉酸は血をつくるビタミンなので、妊娠中は通常よりも多く摂取することが望ましいとされています。特に、妊娠初期に十分に摂取することで、胎児の神経管の先天異常である「神経管閉鎖障害」の発症リスクを低下させる効果があることが判っています。

 

そのため、現在は厚生労働省より妊娠初期には葉酸を摂取するよう推奨されています。

 

ほうれん草

 

つまり、妊活初期の身体を整えるためにはマカを、妊活中〜妊娠初期には葉酸を摂取することがよいでしょう。

 

マカと葉酸の両方を平行して摂取しても副作用などはありません。マカと葉酸をセットで販売していたり、どちらも摂取できるサプリメントも販売されています。

 


 

葉酸+マカ(60粒)
価格:1480円(税込、送料別)


 

赤ちゃんの身体をつくるための栄養になるので、成分や過剰摂取に気を付け、医師にも相談をしながら摂取すると安心ですね。

このページの先頭へ