MENU

妊活中の女性にマカがおすすめな理由

妊活中の女性にマカがおすすめな理由

 

マカは南米ペルー原産のアブラナ科の植物で、強烈な紫外線や酸性の土壌、激しい温度差など過酷な環境で育ちます。そのような状況下で土中の栄養をかき集めて育つため、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。

 

その歴史は古く、約2000年前からアンデス高地で栽培されており、古来よりハーブや栄養剤として幅広く利用されてきました。インカ帝国時代は特権階級の人たちの食物として重宝されていたとも伝えられています。

 

日本では1990年の『国際花と緑の博覧会』で紹介されたのが初めてですが、男性向けの「精力剤」のイメージを持たれている方が多いかもしれません。でも実は妊活中の女性にとって有用な成分がたくさん含まれていることをご存知でしょうか。

 

マカは必須栄養素を多く含んでおり、カルシウムや鉄分など9種類のミネラルと18種類ものアミノ酸、たんぱく質や食物繊維などを豊富に含むスーパーフードなのです。そのほかにリノール酸、パルチミン酸、オレイン酸などの脂肪酸、ビタミンB群やグレコシノレートなどが含まれています。

 

マカは女性にも有用です

マカはアミノ酸の効果で血流を良くする働きがあるため、男性には勃起不全の改善や疲労の回復に効果があります。このような効果があるため、精力剤だと思われている方もいるようです。

 

ところが、妊活中の女性にもとても効果的なのです。マカに含まれているグレコシノレートには女性ホルモンのエストロゲンのように作用する植物エストロゲン、ホルモンの分泌を指示する視床下部や脳下垂体の働きを調整するアルギニンという成分が含まれています。

 

そのため、マカは女性ホルモンを整え、月経トラブルを改善してくれたり、排卵や卵胞を育てるのにも一役買ってくれています。生理不順や無排卵、卵胞が育たないと妊娠しやすい身体とは言えません。妊活をはじめる際にはまずホルモンバランスを整え、それらの症状をクリアにしておきましょう。

 

マカは更年期障害にも効果的

マカは更年期障害にも効果的

 

マカは妊活中の女性にも効果的ですが、実は中年の女性にも嬉しい効果があります。

 

女性は中年になると更年期障害になる方が多いですよね。更年期障害は、女性ホルモンのバランスが乱れることによって起こります。思春期ごろから右肩上がりで分泌量の増えていた女性ホルモンが30代後半から徐々に減り始め、40代後半〜50代ごろに閉経を迎えると急激に減少します。

 

この急激に女性ホルモンが減少する時期にホルモンバランスが崩れ、更年期障害が発症します。次第に身体が慣れてくると症状も落ち着きますが、数年がかりになってしまったり、日常生活にも支障が出てしまう場合があります。

 

このよう辛い更年期障害にもホルモンバランスを整えるマカには効果的なのです。

 

マカとの付き合い

マカを男性向けの精力剤だと思われていた方、マカへの見方が変わったのではないでしょうか。マカのサプリメントはドラッグストアや通販などで手軽に手に入れることができます。成分の安全性などを確かめた上で自分に合うマカのサプリメントを見つけてください。

このページの先頭へ