MENU

妊活中に飲むべき漢方って?どれくらい効果があるの?

妊活中に飲むべき漢方って?どれくらい効果があるの?

 

漢方とは中国に昔から伝わる医学で、個人の体質に合わせて身体全体を調整し、悪いところを治していくという考えです。これに対し、西洋医学は病気になったところを治すという考え方です。

 

漢方薬は、医師が脈を診たり舌を診たりして患者の体質を判断し、植物や動物、鉱物など自然界に存在するもので作られた「生薬」(しょうやく)を組み合わせて処方します。現在は顆粒タイプのものが一般的ですが、以前は生薬を煎じて飲んでいました。

 

東洋医学では、冷えや胃腸の不調などは「未病」といいます。未病とは今現在病気ではないけれど病気に向かっている状態のことです。

 

漢方薬は緩効性で少しずつ体質を改善していくため、特に未病に対して効果的だと考えられています。

 

一方、手術が必要な病気や細菌等に対しては、すでに不調を起こしている局部を治療する西洋医学の治療法が合っているとされています。

 

不妊にも漢方は効くの?

冷え性だけど、卵巣や卵管や子宮には不妊原因が特に見当たらない患者の場合、西洋医学では原因不明の不妊と分類されていまいますが、東洋医学では冷えが不妊の原因ではないかと考えます。

 

ひとくちに冷え症といっても、その原因は、血が体に少ない「血虚(けっきょ)」や、流れが悪い「お血(おけつ)」などさまざまです。漢方でその原因別にその人にあった漢方薬を処方して、身体の調子を整えることで妊娠しやすい身体に近づけることができます。

 

原因別おすすめの漢方薬

@「血虚(けっきょ)」

血の元となる栄養が不足していて、貧血や立ちくらみがある状態。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
  • 参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

 

A「気虚(ききょ)」

過労やダイエットが原因で気(体のエネルギー)し、疲れやすく倦怠感がある方。

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
  • 麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)

 

B「お血(おけつ)」

冷えや運動不足によって血の流れが滞っている状態。生理痛や生理不順などがある方。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

 

C「気滞(きたい)」

ストレスなどが原因で身体の気の巡りが悪くなり自律神経が乱れている状態。イライラや情緒不安定でお腹の張りなどの症状がある。

  • 逍遙丸(しょうようがん)
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 香蘇散(こうそさん)

 

D「腎虚(じんきょ)」

運動不足や塩分過多によって膀胱や耳、骨などの機能が低下している状態。精力減退や耳鳴りなどの症状がある。

  • 六味地黄丸(ろくみじおうがん)
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 参馬補腎丸(じんばほじんがん)
  • 瓊玉膏(けいぎょくこう)
  • 耳鳴丸(じめいがん)

 

自分に合った治療方法を見つけましょう

妊活の治療は自分に合ったものを見つけましょう

 

西洋医学と東洋医学はまったく病へのアプローチ方法が違います。どちらかが合わないという体質の方もいるでしょう。不妊の原因によってどちらの治療方法が効果的か考えながら、うまく組み合わせて妊娠が成立するといいですね。

このページの先頭へ