MENU

30代後半が参考にしたい妊活ブログ

30代後半が参考にしたい妊活ブログ

 

SNSやインターネットが普及し、さまざまな情報が飛び交う世の中。

 

自分に必要な情報はスマートフォンで気軽に検索できるけれど、膨大な量の情報から自分の欲しい情報を取捨選択するのはなかなか難しいですよね。

 

ブログは、一般の方でも気軽に情報を発信できるツールなので、より自分に身近で、試しやすい情報を得ることができます。

 

30代後半・・・そろそろ妊活に本格的に取り組みたい方におすすめのブログ

ブログ:36歳からの不妊治療日記

 

36歳からの不妊治療日記

 

結婚6年目の兼業主婦エスプレッソさんの妊活ブログ。36歳から不妊治療を開始し、現在37歳。

 

タイミング法をスキップして人工授精から治療をスタートしたものの、5回のチャレンジで妊娠せず、現在は体外受精(顕微授精)で妊活中。

 

妊娠は自然にできれば・・・と思っていたそう。ところが、既往歴もなく生理不順でもない健康体にも関わらず、なかなか授からず、思い切って近所のクリニックへ行って検査をしたところ、黄体機能不全と旦那さんの精子無力症が発覚。妊活中の費用のことや助成金のことなど詳しく書かれているので、とても参考になるブログです。

 

エスプレッソさんご夫婦は旦那さんも不妊治療にとても協力的で、職場や両家のご両親にもカミングアウトをして理解をしてもらっているそうです。

 

不妊はなかなかカミングアウトのハードルも高く、実の両親にもカミングアウトしていないという夫婦も多い中、とても恵まれた環境ですね。

 

子宮外妊娠、稽留流産を乗り越えての不妊治療

ブログ:TOKYO MELANCHOLY STORY 3

 

TOKYO MELANCHOLY STORY 3

 

埼玉在住の結婚10年目、37歳専業主婦りすちゃんさんの妊活ブログ。

 

2012年から妊活をスタートしたが、子宮外妊娠頸管妊娠や稽留流産などの辛い経験を経て、現在は体外受精(顕微授精)にチャレンジしているりすちゃんさんご夫婦。

 

りすちゃんさんは発生頻度が1万件に1件と言われる非常に稀な頸管妊娠を2回も経験されました。

 

頸管妊娠とは受精卵が子宮内ではなく、子宮頸管と呼ばれる細い管の部分に着床してしまう妊娠のことです。子宮頸管は動脈の走った狭い管なので、そこで受精卵が成長してしまうと大出血をおこす危険があり、子宮摘出を余儀なくされることもあるそうです。

 

りすちゃんさんのブログは医療用語や専門用語がたくさん登場しますので、少し玄人向けかもしれません。

 

自分と似た状況の人のブログを参考に

自分と似た状況の人のブログを参考に

 

妊活ブログには年齢も、仕事の有無も、経済状況も、既往歴もさまざまな方が投稿をしています。なるべく自分と似た状況の方を見つけるとより参考になるでしょう。

 

実際に顔見知りの人には相談しづらい不妊関連の情報もブログで得たり、コメント欄で交流したりすることもできます。

このページの先頭へ